2017/07/24

覚え書き:キー電池交換

Lotus FEのキー、2年間眠っていたけど、普通にロック・アンロックできます。とは言え、前回電池を交換したのが何時か覚えていないし、しょっぱなに動作不良があったので、安全を見越して電池交換しておくことに。

キーのカバーを外してCR2036を交換するだけ。1分ほどの作業。
まぁ、何も変わりませんが...

2017/07/21

Lotus FE Concept M02T project その11(完結)

Lotus FE  Concept M02Tプロジェクトとは
不注意から自損事故を起こし前後カウルが破損したロータス・エリーゼ。修理を始めたのですが、元来のクルマ馬鹿が出て、素敵な仲間に恵まれて、修理&モディファイに...。オリジナルデザインボディーのエリーゼが、構想から2年の歳月を経て誕生しました(フヂイエンヂニアリングとの共同プロジェクト)。

その11 完結

リアデザインにマッチしたオリジナルエンブレムは、Fujiiによりデザインされ、アルミ切り出しとカーボンプレートの組み合わせにより完成。



純正スポークタイプ、シルバーのアルミホイールも良くマッチしていますが、K&Eとしては上品さが欲しく、エキシージ用純正アルミホイールを流用してカラーリングをゴールドに変えたものを要望しました。Fujiiの提案でシックな艶消しゴールドとすることに決定し、Fijiiが色見本を調合して、やや暗みのあるゴールドが採用されました。


当初純正ホイールのセンターキャップを使う予定でしたが、S3のセンターキャップはS2エキシージのホイールセンターより大きく嵌らないことが判明。色を変えたこともあって、このホイールに合わせるべくセンターキャップを自作することに。このホイールのセンター径は54mm。そこで、汎用のキャップを購入し、ロータスロゴはebayでUKからゲット。


こうして、完成に至りました!





2年余りの完成まで、様々な我儘に付き合い、幾つかの難題にもめげず、一緒にこのLotus FE Concept M02Tを作り上げた仲間とEの忍耐と寛容に感謝します(by K)。

製作・作製:株式会社フヂイエンヂニアリング
 プロジェクト統括: 藤井 充(Fijii)
 デザイン、モデル造形: 鈴木 健斗(Kento)
 カウル作製、塗装: ブルーノ カサヴェシア(Bruno)
 パーツ・カウル作製: 鈴木 啓太(Keita)
 CAD、設計: Tamas Filep(Tomi)
 組立、整備、車検: 奥村 康史(Okumura)

Special thanks
 新井靖夫氏(レーシング・コミューン・カルビ代表)


2017/07/04

ウェーバーDCOEメンテ

キャブ周りをチェックしていら、気になる点が.....

ポンプジェットを取り付ける部分のネジとアイドルスクリューの隣にあるアイドルバイパス経路のネジのOリングがひび割れていました。

キャブはエンジンOH時にOHして、各部のゴム類も交換したのですが、耐ガソリン性が悪かったのかな?


そこで、フッ素ゴムOリングをモノタロウから入手して交換。

ひび割れたOリングでも辛うじてエアはリークしていなかったようで、なんら変化ありませんが、未然にトラブルが防げたから良しとすべきでしょう。