2017/06/15

Raduno Fulvia a Awaji in Giappone

FBで繋がっているフルヴィア仲間、Sさんが音頭をとって、フルヴィアミーティング in 淡路島が開催され、参加してきました!

解散前の一コマ
梅雨入りして、天気が危ぶまれたもの、概ね上天気。毎年場所を変えて行われているこのミーティングにFSZで参加するのは実は初めて(笑)。毎年、あそこの修理、ここの補修、タイミングが....という具合でしたが、今回は前日から淡路島入りする気合の入れよう(ウソ)。

実は、淡路島を訪れたことがなかったので(通過したことは1度だけ)、日帰りじゃもったいないよねとなり....
前日から洲本温泉でゆっくりして、当日1時間ほどのドライブで集合地点である淡路サービスエリア(下り線)へ。直前にフルヴィア・クーペの不調が発覚し、欠席予定だったNさんはデルタEvo2で参加。クーペ3台、FSZ2台、ベルリナ1台が集合し、道の駅あわじへ移動。


初めてお会いしたビアンコのベルリナはとても程度が良く、オリジナル度max。純正マフラーから聞こえる排気音はうちのFSZとは違って品があります(オーナーさんはフルヴィアの他にフラミニアも所有するランチスタ)。あらためて、オリジナルにはオリジナルの良さがあると実感。


道の駅にやってきたのは、このミーティングのメインイベント? 生しらす丼を堪能しようということです。


イタリアのピザ代わり、日本ならではのファストフード(笑)。食事中もフルヴィアに関する情報交換が絶えませんでした。皆さん、いろいろ苦労されているようですが、しっかりそれを楽しんでいるのは、同じでした!


ランチを済ました後は、淡路島中ほどの五色町へ海岸線のワイディングを南下。気持ち良いドライブが楽しめました。


今回は、ルノーな仲間も一緒にツーリングを楽しみました(ルノーチームにフルヴィアチームが合流した)。フェラーリとデルタもお仲間です。この辺り、なんだかイタリアのミーティングを思い出す光景(笑)。

もっと、ゆっくり情報交換したかったのですが、ココからの帰路は250kmほど。しかも渋滞のメッカ、神戸や宝塚を通らねばなりません。地元のHさん、Nさんから抜け道情報を教えてもらいましたが、皆さんより先に帰路につくことに。


3ボディータイプ、のべ7台のフルヴィア・ミーティング、美味しく楽しいひと時でした!

0 件のコメント: