2017/12/15

名古屋モーターショー


フヂイエンヂニアリングが、Lotus FEを名古屋モーターショーに出展するということで、折角なら見に行く?と言うことになり...

初めてのモーターショー(笑)。
もろもろ状況を考えて、公共交通機関で行ってきました!


ランボがドラえもんになっていたり.....(コメント無し)



懐かしい「ロバのパン屋」に吸い寄せられ(子供の頃は近所のロバが本当に屋台を轢いて売りに来てました)


なぜかモーターショーでワインの試飲をやっていたので、相当飲ませてもらい良い気分。酔った勢いで、ケースお買い上げ!
クルマで来ていたらこんな事できないから、良かった、美味かった。


普通にスーパーカーも見て(ガルウィングは嫌い by E)


運転席にも座って、次のクルマ?を物色したり(これ以上の増車は不可能です)


コンセプトカーも見て、モーターショーらしさを味わいました。

折角、名古屋にきたのだから、名駅でディナー。





競争原理のためか、クオリティーが良くて安い。
美味しくいただきました!


充実した1日でした(笑)。

2017/12/13

Sound of Engine 2017


昨年に引き続き、今年も参加してきました。何と言っても、自宅から30分ぐらいですし、往年のF1やレーサーバイクが間近で見れて、音も楽しめるイベントは、そうありませんから。それに、参加費もリーズナブル。


B54よりはケンメリ世代ですが、やっぱりカッコイイですねぇ。無理やり伸ばしたフロントセクションが、かえってデザインのバランスをとっているような。




このところ750RSの話題は登場しませんが、やっぱりバイクは良いです。この年代のレーサー仕立てはたまりません。H2はエンジン始動にも立ち会え、しびれるような甲高いエンッジンノイズが、雰囲気を盛り上げてくれました。


Lotus FE乗りとしては、クラッシック・ロータス・フォーミュラも外せません。



ただ、めっちゃくちゃ、寒かったです。なので、ランチと称してジネッタ乗りのN夫妻とサーキットホテルに逃げ込み、ミルキー反省会。

パレードランに出かける時、あまりの寒さに暖気しながらブロアファンのスイッチを入れると....

壊れました。

昨年はミッショントラブルで、そのままフヂエンに入庫でしたが、ことしはブロアファン(笑)。後日、調べてみると、ブロアファンの羽が1枚折れて....


エンジン&ミッションOH時に、ブロアファン周りもOHしたのですが、その際、外気導入口(ブロアファンの直ぐ外側)にフヂエンオリジナルフィルターを取り付けました。これがファンと接触したのが原因。

通常、クリアランスは問題なかったのですが、高速走行後にフィルターケースがズレ、ファンと干渉してしまったようです。

さぁ、どうやって修理しましょうか....

2017/12/10

大洲のRoy’sに隠された秘密?

Roy'sのヒロミさんといえば、ミルキー恒例オークションで小林さんとの掛け合いが、我々には有名ですが....


ミルキーに優勝したあとに少しお話ししたのですが、驚愕の事実が?

今年も含めて過去3年、ミルキー前にRoy'sに立ち寄ったエントラント組から優勝者が出ているそうで。一昨年の広島のSさん、昨年の岡山のKさん、今年がK&E。


えっ、ヒロミさんの商売に載せられている?
それでも、良いです。ポディウムのてっぺんに上がれるのであれば。

ってことは、来年もプレミルキーに行かねばならぬ???

2017/12/04

2017 参加予定?のイベント update

  • コッパ・デル・ラボーロ・イタリアーノ(3月12日、名阪スポーツランド、参加しました)http://club.ap.teacup.com/mhij/
  • チームヤマモトクラッシックカーフェスティバル(4月16日、舞鶴赤れんがパーク、見学してきました)http://akarenga-park.com/news/post-1689/
  • 飛騨高山オールドカーの集い(5月14日、飛騨高山まつりの森、見学予してきました)http://minkara.carview.co.jp/userid/262076/blog/39239942/
  • イタリアンジョブ(5月21日、岐阜県藤橋村、参加しました)http://club.ap.teacup.com/mhij/
  • ジーロ・デ・軽井沢(5月27-28日、長野県軽井沢町、参加しました)http://www.60s.co.jp/giro/、https://www.facebook.com/girodikaruizawa
  • フルヴィアミーティング in 淡路島(6月11日、参加しました)
  • アウトストリケ・グランプレミオ(6月17-18日、長野県蓼科町)http://www.auto-storiche.jp/(日程合わず)
  • Automobile Council 2017(8月4-6日、幕張メッセ、5日見学してきました)
  • LEM (Lotus Enjoy Meeting)(9月10日、モリコロパーク、参加しました)
  • 富士トリコローレ(9月24日、富士Calm)(日程合わず)
  • ミルキーウェイ・ブルーアイランド・ラリー(11月11-12日、愛媛県、優勝しました)
  • 鈴鹿サウンドオブエンジン(11月18-19日、鈴鹿サーキット、参加しました)
  • 名古屋モーターショー(11月23-26日、ポートメッセ、23日見学してきました)
  • 京都チンク会&フロムセブン(12月3日、京都高尾パークウェイ、見学しました)
  • LEM (Lotus Enjoy Meeting)(12月10日、モリコロパーク)(スケジュール合わず)

2017/11/26

2017ミルキーウェイ・ブルーアイランド・ラリー その4

ミルキーのもう一つの楽しみが、その土地の美味しいもの。下調べなしなので、なかなか楽しみです。
今回は、ランチを小松島市まで引っ張って、海鮮問屋大へい洋さんでいただきました!




新鮮な刺身が旨かった。一応、30分程度でランチは済ましたのですが、この後は、結構時間がギリギリで大変でした(笑)。しかし、「腹が減っては戦はできぬ」ですからね。


ミル友さんから頂いた大洲のどら焼き。餡子がめっちゃくちゃ旨い。1日目の後半戦、これで疲れを取って、頑張りました。



ウェルカムパーティーの料理の一部。蒟蒻、茄子、茗荷のお寿司が、素朴な味でした。もちろん、分厚い藁焼き鰹のタタキは絶品。


これまでのラリーでは、不二家のミルキーがチェックポイントで配られていましたが、今年は、ミレービスケット。K&Eはこれが好きで、プレミルキーでも大量に買って帰りました。こんなところにも、天使が微笑んでいたのでしょうか。



2日目のランチは、こんな絶景を見ながら。太平洋に突き出たカフェで、美味しくいただきました。


M本画伯からは、しょうゆ餅をお土産にいただきました!
帰宅後、美味しくいただきました。

2017/11/25

2017ミルキーウェイ・ブルーアイランド・ラリー その3

ラリー2日目の朝も昨日に引き続き快晴です。放射冷却で冷え込んでいますが、チョークを引けば簡単にエンジンが目覚めました。


今回の2日目は何時もと志向が違いました。それは、スペシャルステージのみの設問で、しかも一定距離を指定秒数で通過し、光電管で1/10秒まで計測し、 0.1秒ごとに7点減点というもの。


苦手な線踏みですが、幸いなことに春のGiro de Karuizawaの時に使ったメトロノームがマーカーペン、ストップウォッチと共に、我が家のラリーセットに入っていました。アナログですが、これに合わせて線踏みをするのがK&Eの流儀。そのお陰で、感覚的に1秒誤差以内に収まったかな?

これを終えれば、あとはコマ図にしたがって、


こんな場所(某CMで有名になった垂直にそそり立つ道)や、




こんな場所で、まったり楽しんで....


恒例のチャリティーオークション。ここでもお腹いっぱい笑って、残すは表彰式。

15位から入賞者が読み上げられますが、シングル順位になってもK&Eは呼ばれず。自分たちの感覚からは、どこかでポカをしていなければポディウムかもと思っていたので、3位、2位と他のエントラントの名前が呼ばれていくうちに、どんどん不安になってきました。

ひょっとして、どこかのタイムセクションでポカしたか、1日目のスペシャルステージでミスったか。

優勝者が兵頭さんから読み上げられた時は、やっぱり、頭が真っ白に。


2015年にミッションを壊し、エンジンとミッションのオーバーホールを経て、FSZを仕上げてきましたが、ようやくこのポジションに戻ってこれました。

ステージの上に上がって、また、何を喋って良いのか、何を喋ったのか、記憶がありません。ただ、ただ、嬉しかった。もうちょっと、気の利いたことを喋れれば....


勝利の美酒は、何度味わっても良いもの。今回は、全て「おさむちゃん」に注目は持って行かれましたが(笑)。



結局、ラリー1日目が1位で、2日目も0.7秒ズレに収め、1日目の貯金が効いて総合優勝でした。

やったー!

ミルキー反省会

ミルキーの模範解答が、MJ誌の記事、最終結果、スタッフのコメントともに送られてきました。さぁ、恒例の反省会。今年は総合1位でしたが、それは、1日目の貯金のお陰ですし。


タイムセクション(TS)
TS1:48秒(誤差0秒、誤差1秒につき13点)
TS2:68秒(誤差+1秒、誤差1秒につき11点)
TS3:38秒(誤差0秒、誤差1秒につき27点)
TS4:150秒(誤差0秒、誤差1秒につき21点)
TS5:194秒(誤差0秒、誤差1秒につき17点)
TS6:75秒(誤差+1秒、誤差1秒につき23点)
TS7:148秒(誤差0秒、誤差1秒につき17点)
TS8:161秒(誤差+1秒、誤差1秒につき13点)
TS9:74秒(誤差0秒、誤差1秒につき21点)

スペシャルステージ(SS)
1日目 E:251秒(誤差+6秒、誤差1秒につき23点)
2日目 9秒(誤差0.7秒、誤差0.1秒につき7点)

クイズセクションは全問正解

1日目がTSで47点、SSで138点の合計185点(2位との差は87点)。SSで仮に+10秒誤差であれば 順位逆転でした。

2日目の49点を加えて、総合で234点。2位は286点なので、その差52点。2日目の線踏みで1.5秒ズレていたら、ヤバかった。こうやってみると、やっぱり今年は天使がK&Eに微笑んでくれたようです。上位はいつも接戦。1秒誤差が、クイズ1問の誤答が命取り。

とにかく、課題は見えました。あとは、どうやって攻略するか。攻略せねば、来年のポディウムはないでしょう。

また、競技委員長のUさんとの戦いです(笑)。ミルキーのルートを作るために、今回は5000kmほど下見をされたそうです。近所の山道を正確に距離測定して、一定速度で走る練習を3000kmぐらいすれば、攻略できるかな?

2017/11/23

2017ミルキーウェイ・ブルーアイランド・ラリー その2

特別室のおかげ?で、いつもよりスッキリ起床して四国入り。
気になっていた天気も、夜のうちに雨は通り過ぎ、雲の切れ間が見えてます。

下船を待ちながら、ミルキーで知り合ったミル友さん達に挨拶して、「今年はリベンジ!」と。


スタート地点は松山自動車道の石鎚山ハイウェイオアシス。


ここでも、1年ぶりにお会いするミル友、スタッフの懐かしい顔に、ホッとしたり、初参加の方のクルマを眺めたり。

早速受付を済まし、いつものように、スタッフと楽しいジョークを言い合い、でも、真剣にラリーに挑みます。いつも、コマ図をじっくり目を通すのはナビのEで、ドライバーのKは、ざっくり見るだけ。どうせ、ナビの指示で運転するんだし。

でも、コレがポカミスの原因であると反省し、今回は、じっくり目を通しました。Eはマーカーペン、付箋を使って、キーポイントの目落としがないように印を付け、Kは全体ルートのイメージを掴むという感じ。

初めの150kmあまりは、高速道路で徳島まで移動し、その間に設問があります。高速を使った設問は、以前も経験済み。その際には、測定誤差が非常に大きく、クイズも一瞬で通り過ぎるので、注意が必要と学習しました。そこで、今回は、10km距離補正以外にも1km距離補正、速度計補正を複数回実施し、補正値を算出しました。また、速度が高いほど速度計誤差が大きいことも事前に把握していたので、70km/h、80km/h、90km/h、100km/hで1kmのタイムを計測し、補正値の修正をしました。

そもそも、スタートがほぼ最終組、その上、こんな補正をしているので、ラリー本体とはどんどん遅れていき、休憩を極力減らすしかありません。

それでも、四国ならではの食事もミルキーでの楽しみ。小松島市に入って、「海鮮」の文字を見つけ、駐車場に入っていくと....

やはり嗅覚の効くエントラントさんの車両が。
今回も、「当たり」のお店でランチができました。しかし、ランチを終えた時点で、チェックポイントまで約50km。午後1時までに着かないと減点。平均時速50km/hで何とか間に合う計算です。


幸い、途中のバイパスが制限速度70km/hだったので、終了5分前にギリギリ滑り込みセーフ。同じようなエントラントがたくさんいました。K&Eの直前にもチェックポイントが第一展望台にも関わらず、間違って第二展望台の方へ行かれたエントラントさんも。もし、ミスコースしていたら間に合いませんでした。


無事チェックポントを終え、展望台に登ると、この景色。今までに見たことのない太平洋がそこには広がっていました。

しかし、ここでゆっくりしている暇もありません。この後、鬼門のスペシャルステージ、タイムセクション、クイズセクションが続きます。


初室戸岬をはじめ素晴らしい景色と好天を堪能しながら、それでも、今回は殆ど「ボーッと」することもなく、大きなポカもなくラリーを進め、最後の設問を終えて道の駅田野駅屋へ。


ココで、解答を書き上げ、後は、午後5時までに解答用紙を提出するだけ。ココでも、残り約30km、残1時間。夕方の渋滞を考慮すると、ギリギリ?

結局10分前にゴールのホテルに到着。無事、解答用紙を提出して本当に1日目のゴール。


ホテルの部屋からもこの景色。夕日に赤らむ太平洋が一望でした。


当然?ホテルの駐車場にはビッシリとエントラントの車両が。なかなか壮観です。

ゴールすれば、ミルキーのもう一つの楽しみ、ウェルカム・パーティー!
ラリーの緊張から解放され、ミル友たちとの楽しい時間。美味しい時間。


さすが、本場。高知だけに藁焼きのカツオのたたきを初め、食べきれないほどの料理の数々。今回、同じテーブルは、初エントラントの京都の方々と、愛知のS30 240Zさん。


すぐに打ち解けて、YES、NOクイズで盛り上がって....


2013年ラリー Round 20はK&Eが初めて総合優勝した年。今年こそ、再びポディウムダッシュ、一番高いところへ(の願いは通じました)。


そこそこ出来た感をもって、ラリーは2日目に。